自宅分譲マンション賃貸の査定依頼について

売却価格について査定依頼

贅沢をして購入した自宅分譲マンション売却価格について査定依頼丁寧な対応が期待できるのでは

売却価格について査定依頼していた不動産業者には賃貸もできると言われましたが、せっかくなら賃貸を専業にしている業者の方が良いだろうと思い、賃貸に出すための査定ができる業者探しを新たに始めます。
最寄駅からの距離や部屋の広さによる大体の相場観はわかりましたが、分譲ならではの不安や悩みを相談できる業者という観点で探しました。
分譲マンション賃貸がそもそも可能なのか、分譲賃貸であるメリットを賃貸価格に反映できるのか、賃貸に出した後に管理をどのように行ったら良いのか、など心配点はつきません。
部屋を購入した不動産業者は売買が専門だったためお断りし、マンションに近くて駅からの途中にある不動産業者へ相談しました。
また、自宅マンションに詳しい業者という観点からマンションの管理会社が運営している不動産屋さんにも声をかけました。
結果的に、管理会社が運営している業者へ賃貸人の募集から入居後の管理、退去までの全てをお願いすることにします。
同じマンション内の過去の賃貸事例をたくさん持っていたこと、現状で賃貸で入居している部屋の管理を請け負っていることが決め手です。
自身の部屋の賃料を決める際には、部屋の階数ごとに過去事例を出してくれ、比較して自身の部屋の査定をしてくれました。
残念ながら私の部屋と同じタイプや階数で賃貸に出された部屋はありませんでしたが、部屋のグレード比較については近隣の賃貸マンションを事例引用してくれました。
査定が難しかったのは、分譲駐車場の価格と扱いについてです。
賃貸に出す際に、駐車場付きでも賃料を高くす流のはお勧めしないと言われました。
賃貸を借りる人で車を所有している人は少なく、使わない設備に費用がかかると思われるのは募集人が集まりづらい原因になるという話に納得したのを覚えています。
そのため、駐車場も借りることができるけれども入居に際して必須ではない、という募集条件に落ち着きました。